ゼリウムが中国に最新設備を備えたプレスフェルト工場を開設

Gb
YOUNGSVILLE, N.C., Feb. 19, 2014 (GLOBE NEWSWIRE) --工業用消耗品とサービスの世界的供給会社、ゼリウム・テクノロジーズは、中国江蘇省の昆山に新設予定の最新鋭プレスフェルト製造工場の起工式を昨日実施しました。

新工場は、アジアにおける高級プレスフェルト技術市場の拡大に対処すべく、ゼリウムの現在の生産能力を強化し将来の増産に備える役割を果たします。初期投資額は3,500~4,000万ドルに上り、業界をリードするゼリウムのプレスフェルト製品ライン(インパクト、フローマックス、ストラタシリーズ)を生産できる、最先端のプレスフェルト製造技術の導入を予定しています。生産開始時には100名程の従業員を新規に雇用する予定です。

工場は、上海から約60km西に位置する、昆山最大の工業団地の一つ、巴城工業団地に建設されます。竣工は2015年初め、生産開始は2015年半ばの予定です。

ゼリウムの社長兼CEO、ハロルド・ベヴィスは本工場について次のようにコメントしています。「製品が使用される市場に近いこと、さらに教育を受けた人材が近くに多いこと、適格な下請け業者が複数存在すること、そして職業意識の高さから昆山を選びました。本プロジェクトが多くの方の支援と尽力により実現したことに弊社は深く感謝しており、長期的にこのコミュニティの一員として仕事ができることを楽しみにしています。」