SMART®テクノロジー

Roll Technology (1)

世界の450以上のシステムで採用されるインテリジェントニップ技術のパイオニア、ゼリウムの最新技術


SmartTechnology suction roll applications

Download PDF

* NEW * SMART® Technology for Suction Roll Applications

For the first time ever you can now:

  • Identify and improve CD moisture profile
  • Identify and improve sheet edge issues
  • Understand profile changes with Yankee dryer steam pressure and surface temperature changes
  • Monitor felt performance through out life
  • Integrate SMART® data with other process tracking systems
  • optimize roll cover and clothing life

Ideal for Tissue Applications 
Operates directly against your Yankee dryer and for the first time enables real-time correlation of:

  • Identify and improve CD moisture profile
  • Nip pressure vs. crepe and hand feel
  • nip pressure, nip width and MD pressure profile
  • Profile vs. Yankee pressure
  • Nip width vs. sheet properties
  • Influence of vacuum on pressure roll deflection

Available in All Suction Roll Single & Multi-nip Applications Nip pressure vs. crepe and hand feel

  • The ability to profile both nips in multi-nip applications
  • The ability to make crown or load corrections to achieve uniform nip profile



世界初の動的ニップ測定システムの最新版SMART 5.0テクノロジーが、これまで以上に多くのポジションとアプリケーションで使用できる新たな機能を備えて新たに登場しました。

 このテクノロジーにより、MD(マシン流れ方向)ニップ幅、MD圧力プロファイル、CD(巾方向)圧力プロファイルの動的な測定と表示が可能になります。

  • 製紙工場のDCSおよびPIシステムへの接続ソフトウェアを改良
  • かつてない同時分析性能により、複数ニップ位置での測定をサポート
  • 圧力レンジの拡大により、ランプブレーカー、ソフトプレスニップから高負荷のカレンダースタックに至るまで適用可能
  • 全ての紙グレードでのアプリケーションに対応
  • バッテリー状態を動的モニタリング
  • シュープレスでもニップを測定
  • 改良型ユーザーインターフェースにより、リアルタイムでニップ幅、履歴に基づく傾向、標準偏差を報告
Smart 5-screen Smart Shoepress2

「当社では、SMARTロールをリールスキャナーに似た生産最適化・工程管理ツールとして活用しており、工程上の変動を評価して迅速な措置をとることが可能になっています。SMARTテクノロジー導入以前は、そうした診断は全く不可能でした。業界各社にも、抄紙機でのSMARTロールを用いた評価を導入し、工程を最適化するのにいかに有効な方法かを経験していただくことをお勧めします。」

「弊社では工場全体で、SMARTテクノロジーのみでマシンのプレスを管理しています。コントロールパネルでゲージを使う必要はもうありません。」

「プレス機でSMARTテクノロジーを導入して以来、当社では推測や試行錯誤をせずに、問題を特定して修正できるようになりました。現在では単なる『トラブルシューティング用ツール』としてではなく、インテリジェントな標準工程管理手法の重要な一部としてSMARTテクノロジーを活用しています。」


詳しい情報をご希望の方は、ゼリウムの地域担当者にいつでもご連絡ください。こちらのリンク先からメールでのお問い合わせも受け付けています。